ふうー

やっと。

休みだな。

と。

思っている。

今日。

この頃の。

私です。

体調の方。

大丈夫に。

なっております。

なんだか。

普通です。

良いのか。

悪いのか。

このまま。

恐らくは。

病院には。

行かないと思います。

そうそう。

胸が苦しくなった時に。

変な夢を見まして。

なぜか。

日本人形に。

襲われそうになりまして。

これは。

いけないと。

ご都合主義の夢の中らしくまったく知らないはずのお経を唱えたりして。

戦おうとするのですけれども。

なんだか。

ふっと。

まあ良いやと。

この人形にも何か理由があるのだろうなどと。

思いまして。

その人形を。

抱き締めまして。

なぜか。

愛おしく。

思ってしまうという。

謎の展開を迎えまして。

ああ。

こういうのも。

良いなあなどと。

思っていると。

突然背中を。

何かに。

蹴られたような痛みが。

いたたたと。

思いつつ。

目を覚ますと。

現実の世界で。

また。

胸が苦しくなっていたという。

怖いんだか。

面白いんだか。

分からない出来事があったり。

まあ。

なんでも良いんですけれども。

痛いのだけは。

やめて欲しいなあ。
スポンサーサイト

おお

うーん。

と。

思っている。

今日。

この頃の。

私です。

いやー。

体調不良。

始まりました。

定期的に。

来ますな。

今回は。

寝起きに。

胸が苦しくなるという。

なんとも。

怖い。

感じです。

胃やら。

食道やら。

心臓やらと。

色々な。

病気が。

考えられるそうな。

病院へは。

まだ。

行ってません。

平日休みがないっ。

上司に聞いたら。

休みの日に行って欲しいなあなどと。

この野郎。

俺を殺す気かっ。

などと。

言いつつも。

律儀に。

次の。

金曜まで。

我慢だぜ。

と。

思っていたり。

馬鹿ですな。

まあ。

本当に。

我慢できないくらい。

辛くなったら。

休みますけれどもね。

休みを取る加減って。

難しいっすよな。

責任感とか。

言い出すつもりも。

ないですけれども。

やっぱり。

突然。

休むってのは。

なんかね。

職場くらいのもんだし。

迷惑かけるよう場所って。

だから。

せめて。

なんちゃって。

はあ。

社畜……。

駄目だなあ

勝てない。

と。

思っている。

今日。

この頃の。

私です。

タイタンフォール2.

うまくならない。

特に。

スナイパー。

どこに当たっても。

即死判定らしいけれども。

当たらない。

全然当たらない。

もう。

意味が分からないほどに。

当たらない。

あのゲーム。

動き速過ぎ。

まあ。

そこが。

面白いんだけれど。

タイタンの。

操作は。

少しは。

うまくなって来た。

主に。

ローニンを。

使っているのだけれども。

モナークと。

リージョンが。

倒せない。

近付くのが大変。

うーん。

うまくなりたいけれど。

こんな風に。

苦労している時が。

一番。

楽しい気もする。

あーあ

やる事がある。

と。

思っている。

今日。

この頃の。

私です。

やっと。

ポケモンGOの

国内図鑑コンプが。

ああ。

沖縄の奴は除いてますぞ。

が。

あと。

アンノーンだけと。

なりまして。

今日は。

ちょっと。

遠征にでも。

と。

思っていたのですけれども。

……。

どうしても。

買っておかないと。

いけない物が。

多数あったりして。

むーん。

駄目だ。

今日は。

買い物だよこれ。

はあ。

がっかりです。

長靴買って。

靴下買って。

パンツ買って。

炭酸水買って。

あ~う~。

お金も時間も。

あ~う~。

むむむ

可能性か。

と。

思う。

今日。

この頃の。

私です。

世界という。

何もない空間の。

中にある。

可能性という物質を。

人が。

観察する事によって。

可能性という状態から

何物かに。

確定させているとして。

その過程を。

再現できるようになって。

自由自在に。

操れるようになったとしたら。

何もかもが。

思いのままになる。

時代が来るんだろうなあ。

でも。

確定させている人によって。

世界が異なったりして。

そんでもって。

それが。

揉め事のもとになったりして。

そうなると。

今の時代の。

人と人との。

関わり合いと。

あんまり変わらない気がする。

個々に。

別々の世界があって。

その世界同士が。

ぶつかりあって。

完璧な。

世界ってのは。

孤独なのかなあ。
プロフィール

山犬は眠らない

Author:山犬は眠らない
読んでちゃぶだいへようこそ!

もう、ウン年くらい小説を書いてますです。その割にはへたくそですけど……。

主に賞に応募する為に書いてますが、短編は好きに書いてます。

折角書いた小説達ですので、色々な人に読んで欲しい、と思いブログを作ってみました。

よろしくお願いいたします^^

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR